引越し難民が急増!?回避するための「効果的過ぎる対策」とは?

引越し難民の記事タイトル

https://www.tenkyo-smart.com

今年の「引越し難民」は昨年以上に増加し、テレビや新聞にも大々的に「引越し難民」という話題で持ち切りなることが間違いないでしょう。

 

ただでさえ、国土交通省が引越し難民対策で「引越し時期の分散」を利用者に呼びかけていますが、残念ながら毎年改善されるどころか引越し業者をつかまえることすら困難です。

 

引越タイコ
私のまわりも引越し業者見つからなくて困ってる人も多いもん
ぱぱっと
残念ながら引越し時期を自由に選べない人が大半です。

 

さて、このページでは引越し難民になりそうだった職場の同僚に向けて私がアドバイスした実例です。

 

結論としては、「同時進行で引越し業者、運送業者に見積もりをもらう」という方法です。

 

引越し難民と呼ばれる状態を脱するには、人と異なる行動をしなければなりません。

 

とはいえ、シンプルで簡単な方法なので誰でもできるのでご安心ください。

 

ぱぱっと
「引越し難民」の原因から紐解いた具体的な対策を順を追ってご紹介します。

 

そもそも「引越し難民」とは

引越し難民で困っている男性

引越したいのに引越しができない人々を指した言葉です。

 

3月~4月の春先に引越し件数(1年間)の1/3ほどが集中してしまう現象で、引越し業者も対応できず断らざる得ない状況になります。

 

ぱぱっと
引越しをしたくても、引越し業者に断られ続けるのは精神的にも辛くなってしまいます。

 

「引越し難民」を引き起こす原因

主な原因

  • 引越し希望者が短期間に集中
  • 引越し業者の人手不足とトラック不足
  • 法人契約を結んでいる引越し業者の利用枠が狭い

引越し希望者が3月・4月に急増

引越し難民だった夫婦が新居に引越し

春は出会いと別れの季節と言われていますが、この時期に「引越し」する主な理由はみなさんもご存知であると思います。

 

・入学に合わせて(幼稚園、保育園、小学校、高校、大学)

・転勤のため(会社都合、自己都合)

・戸建てやマンションを購入、転居のため

 

いつの時代でも春は、人の入れ替わりが著しく増加します。

 

4月上旬までに引越しをしなければならないという理由が大半です。

 

ぱぱっと
引越しするタイミングを変えたくても変えられない人ばかりです。

 

引越し業者のキャパオーバー

たくさん引越したい人が流れ込まれても、柔軟で対応できないのが引越し業者です。

 

引越しの需要が3月~4月に集中してしまうのは、なにも近年にはじまった話ではありません。

 

引越し業者にとっては稼ぎ時なのは間違ありませんが、1年の1/3ほどの引越し予約が一気に入ってしまうとなればトラックの数も人手もさすがにお手上げ状態。

引越し業者は予約でいっぱい

需要と供給が完全にミスマッチとなります。

 

ぱぱっと
引越し業者としても、無理して頑張って信頼を落とすわけにもいきません。割り切っている部分はあるのでは?というのが私の見解です

 

個人向けの引越しは優先度が低くなる

引越し業者は、通年を通して法人契約を結んでいる企業の引越しを優先します(もちろん全ての引越し業者ではありません)

 

つまり、3月、4月はあらかじめ個人向けの引越し枠が狭いということ。

引越し業者は法人契約している

大手引越し業者であれば、トラックの数も人手も多いので、ある程度ゆとりはあると言えます。

 

しかし、引越し希望者がまず思いつくような大手引越し業者(サカイアリさんマークアート日通など)は人気が高いということを頭に入れておかなければなりません。

 

 

また、地域の引越し業者はそもそも大手引越し業者に比べてトラックの数も人手も限られているのですぐに引越し希望者で埋まってしまう恐れがあります。

 

2018年の引越し難民の傾向を見ていても、2019年もその動きは加速するのではと私は予想しています。

 

でも安心してください。

 

下記対策をなるべく早めに、もっというならいますぐに行動することで「引越し難民」との言葉とはおさらばできます。

 

ぱぱっと
後悔する前に動き出すことをおすすめします。

 

「引越し難民」にならない対策とは

引越し難民の対策

  • 一括見積もりで対応できる引越し業者を把握
  • 運送系の業者も引越し手段の候補に
  • 1日の違いで大きな差!すぐに行動

 

一括見積もりで素早く引越し業者を把握

対応できる引越し業者を探し回り、「〇月〇日引越しできますか?」と一社一社に連絡していたら正直遅いです。

 

大前提に、あなたが引越したい時期はその他大勢のひとたちと一緒であり、考えていることも同じ。

 

引越タイコ
電話してもつながないほどの駆け込み具合で、友達も参ってたもん。。

 

では、どのようにするのか?

 

無料で利用できる「比較サービス」を利用して、あなたの引越しを対応してくれる引越し業者を素早く把握します。

一括見積もりでわかること

 

なぜ、一括見積もりを利用するか簡単に説明すると

 

・かんたん入力で自動で引越し業者が見つかる

・引越し業者をすぐ比べられる

・利用料はすべて無料(後から請求されることもない)

 

日本全国のどこに住んでいても、あなたに相応しい引越し業者を自動でいくつも見つけ出してくれる便利なサービスです。

 

一括見積もりの簡易図

 

引越し業界の料金設定はわたしたち利用者からすると不透明な部分が多く、非常にわかりにくい。

 

足元をとられるのでは?と心配になる方もいまだに多いのが現状です。

 

 

引越し業者によって数千円~数万円も違う結果になることはなにも珍しいことではありません。

 

しかし、一括見積もりなら料金比較もかんたんにできます。

 

よって、わたしたち利用者は引越し業者を比べて決めるだけ。

 

引越タイコ
つまり、素早く業者を確保するのに最適ってことね。
ぱぱっと
その通りです。

 

 

実際、私自身も一括見積もりを利用して、9万円の引越し料金を5万4千円ほど値引きできました。

 

サカイ引越センターの見積もり

9万円の引っ越し料金が5万4千円安くできた私の見積書

 

引越タイコ
5万円も違うってなるとさすがにちゃんと引越し業者を比べなくちゃって思うね!
ぱぱっと
足元を取られずに、すぐに最安の引越し業者を見つけるならおすすめします。

 

90,000円の引越し料金が54,000円OFF!

無料で最安の業者を探す

かんたん45秒であなたにぴったりが見つかる!

 

運送系の引越し業者

引越し難民対策は運送会社もおすすめ

一括見積もりで対応してくれる引越し業者に見積もりを探しつつ、運送系の業者も同時進行でチェックします。

 

運送系の業者って大丈夫なの?と思う方もいるかもしれませんが、代表的な業者は「ヤマト日本通運赤帽など」

 

注意

前述した通り、ヤマトは新規の引越しサービスを現在受け付けておりません(2019年2月27日現在)

再開の目処もたっていないため、今のところ引越しを依頼するならヤマト以外になるのでご注意ください。

2019年9月17日から1年振りに営業再開しました。

 

運送系の業者も候補に考える理由は以下です。

 

・引越し業者が仮に予約でいっぱいだった場合のリスクヘッジ

・価格やサービス内容を比較できるため、より良い条件で引越しが可能

 

引越しがしたいのにできないという最悪な状況を脱するには

 

単純に引越しができる業者の選択肢を増やすということが有効です。

 

個人的におすすめなのが、株式会社ハーツが運営する「レントラ便」です。

 

もっと詳しく

レントラ便
【レントラ便って利用する価値あり?】口コミと評判ふまえて徹底解説

続きを見る

 

日本全国への単身・家族引越しも可能

わかりやすい料金システム

 

昨今で急成長している引越し運送業者です。

 

ぱぱっと
ただし「レントラ便」は知名度が高くなってきているので、早めの連絡をして確認することをおすすめします。

 

他の引越し希望者と同じような動きをしていたらダメ

引越し難民対策はスピードが鍵

いかに素早く動いて引越し業者を見つけるかが鍵です。

 

「私たち本当に引越しできるかな。。。」と不安になるほど2月~4月は引越し希望者で混み合います。

 

意外と知られていないことですが、引越先住所が確定していなくても大体の場所と荷物量さえわかれば引越しは可能です(全く行き先不明はNG)

 

つまり、多くの人たちは「新たに住む家も確定していなければ引越しできない」と考えていますので、早ければ早いほど混み合っていないためチャンスです。

 

仮に引越し先などの情報が変更したとしても、その旨を引越し業者に伝えたら何も問題ありません。

 

ぱぱっと
何より素早く引越し業者を確保することが大切です。

 

「引越し難民」は選択肢を増やし即行動する

握手

年末から一気に引越し需要が高まり、引越し業者各社は売り込みしなくてもお客さんが勝手に集まります。

 

・引越しは可能!でも超高額な引越し料金

・引越しをしたくてもできない

 

という考えたくない現実を未然に防ぐためには早めに行動するしかありません。

 

もちろん「引越し時期をずらす」というのも引越し難民対策の1つです。

 

とはいえ、自分たちの都合でどうにかなるのであれば、すでに変更しているかと思います。

 

引越タイコ
予定を変えられるならとっくに変えてるよー

 

引越し業者の選択肢を増やし、割増の引越し料金を少しでも安くするためには「明日やろうではなく、今日」

 

もっというなら「すぐに引越し業者探し」に力を入れるべきです。

 

\業界最大級の引越し業者数!/

\電話番号不要であんしん!/

 

ぱぱっと
引越し難民にならないようすばやく行動していきましょう。

Copyright© 引越し業者の比較サイトーぱぱっとクラブー , 2020 All Rights Reserved.