条件は、どこよりも安く、安心できる引越し業者。以上

引越し業者の比較ブログーぱぱっとクラブー

【解決】「引越し準備って何からやればいい?」要点外さず完了させる5ステップ

引越し準備の記事タイトル

引越しが決まったけど、いつから?何から準備をはじめたらいいの?という方は多いのではないでしょうか?

 

過去6回の引越し経験者のわたしが引越しが決まってから完了までを5つのステップに分けて解説していきます。

 

この記事では【引越しが決まってから引越し方法の決定まで】を解説しています。

⇒完全網羅!引越しやることリスト参考

ぱぱっと
参考にしていただければ幸いです。

 

サカイ引越センターの見積もり

5社以上見積もりして9万円が5万4千円値引きできた私の見積書

 

 

引越し準備はまず物件探し

引越し業者を探す

まずは引越し先の大体のエリアを決定しましょう(もちろん決定までには至る必要なし)

 

候補の物件を最低でも3つ見つけることを目標にします。

 

ポイント

松竹梅のように「すごく良い」「満足」「最低限」という具合に3つまで絞る

 

ぱぱっと
仮に候補の物件が1つダメでもリスクヘッジにもなるのでおすすめです。

 

希望条件の考え方

物件を探す上で、希望条件を考えましょう。

・引越し先の地域や環境

・家賃

・間取り

 

step
1
引越し先の地域

例 徒歩圏内の駅の近くの物件で、近くに病院や学校があるかなど

 

step
2
家賃

例 共益費、駐車場などを含めた金額が〇万円以下

 

step
3
間取り

例 2LDK以上で収納スペースが多く、ウォークインクローゼット付きで、エアコン完備など

 

賃貸物件の契約

私の場合でお話すると転職で引越しようと決め、まず下記条件で2社の不動産屋に依頼しました。

 

希望条件

・職場から自転車で15分圏内

・家賃が7.5万円以下(駐車場、共益費含む)

・2LDK以上で、日当たり良好。静かな環境

 

職場に近くて、家賃も安めで、コンビニや公園、病院などの公共施設がなるべく近い環境が私の外せない条件です。

 

このように希望というより、絶対に抑えたいポイントを不動産屋に伝えることが大切です。

 

依頼さえしてしまえば、あとは連絡待ちです。

 

気になる物件の連絡が入ったら実際に足を運んでしっかり吟味しましょう。

 

知っ得

・家賃は収入の30%以下

・不動産屋に伝える希望賃料は5千円~1万円下回った額を伝える

 

希望の家賃よりやや安い金額で探してもらった方が家賃交渉で役立つのでおすすめです。

 

ぱぱっと
私はフリーレント(無料で借りられる期間)の交渉をして、97,000円分得して入居できました。

 

引越し準備|手段を決める

PCで引越し準備

引越し先の大体のエリアさえ決まれば、引越し手段の検討です。

 

引越し手段(方法)としては2種類。

・自力で引越しする(友人などの協力を得てなど)

・引越し業者に依頼する

 

とはいえ、自分で引越しがよいのか、それとも引越し業者に依頼した方がよいのか迷う方も少なくありません。

 

結論として、最適な引越し手段は人によって異なります。

 

荷物量が極端に少ない人が、わざわざ引越し業者に依頼して引越しする必要はありません。

 

また、引越し先までの距離が離れていて、車に積み切らないほど荷物も多いのに自家用車で引越しするのもナンセンスです。

 

よって、絶対に引越し業者に頼んだ方が良い!

自力で引越しをした方が得するよ!

 

とは一概に言えません。

 

ぱぱっと
では具体例も上げていきます。あなたにとって相応しい方法をどちらでしょうか?

 

自力で引越しをする

自分で引越し

自力でおこなう場合は、以下のいづれかの手段になります。

 

・レンタカー(トラック)を借りて引越しする

・自家用車で引越しする

 

レンタカーを借りて引越し

レンタカーで引越し

お住まいの近くでレンタカーを借りて、自力で行う方法です。

 

比較的安い料金で、そこまで技術を必要としない荷物内容であれば利用してもよいでしょう。

 

注意

ピアノ、金庫などの重量物などは専門業者にもちろん依頼必須です。

 

私も過去にレンタカーを借りて引越しを行っていますが、大手引越し業者の見積もり料金の1/5で引越しができました。

 

ぱぱっと
肉体的にも精神的にも疲れますが、体力に自信のある方は一度体験してみるのもアリです。

 

自家用車で引越しする

自家用車で引越し

自家用車で引越しをおこなうべきかの判断は、下記の目安を参考にしてみてください。

項目 確認すべき内容
車に積み込める荷物 数回の往復で輸送可能
引越し前と新居の距離 10〜15km圏内ならおすすめ
大型家具や家電 買い替えや処分などで運ぶ必要がない
電気工事が必要な家電 なし

一番のネックは自家用車で輸送できない大型家具や家電です。

 

私の場合は、初めての一人暮らしでベッドや洗濯機などの大型家具・家電は持っておらず、購入して新居へ直接配送しました。

 

そのため、他の荷物を車で運ぶだけでよかったので自家用車で十分でした。

 

上記の条件すべてに問題なければ、自家用車で引越しをおこなっても良いといえます。

 

大型家具や家電だけ業者に依頼OK?

引越し業者では家具・家電のみを輸送するプランも用意されています。

ただし、結構値がはります(最低でも1万円以上)

 

自力でおこなう場合は、特に冷蔵庫の引越しは気をつけてください。最悪の場合、冷蔵庫を壊しかねませんので。

⇒壊したら10万円以上の出費確定(泣)冷蔵庫を運ぶ場合の注意点やさしく解説

 

正直なところ、引越し業者に家具や家電を輸送依頼するのであれば、引越し自体まとめて依頼する方がスマートで正直安いです。

 

ぱぱっと
加えて、エアコンや食洗器の脱着など技術を必要とする工事を依頼検討しているなら引越し業者が尚おすすめです

 

引越し業者に依頼する

引越し業者に依頼する場合は、以下の2択です。

 

・自力で引越し業者を探す

・一括見積もりで引越し業者を探す

 

自力で引越し業者を探す

電話で引越し業者を探す

あなたのお住まいの近くの引越し業者を探しましょう。

 

「近くの 引越し業者」をスマホなどから検索すると住まいの近くの引越し業者がわかります。

 

下記の流れを複数社に行うことおすすめします。

引越し業者を探す
連絡して、あなたの引越し条件を伝える
対応できるorできないがわかる
訪問見積もり

 

引越し条件

引越し予定日、引越しエリア、荷物量などを含めたあなたの引越しに関わる総合的な条件

 

引越し業者に伝えるべき内容

引越し業者に伝える項目 備考
引越し希望日と時間帯 いくつか候補日があると引越し料金の交渉がしやすくなる
どこへ引越しするか(転居予定先) 引越し先の〇市〇町あたりまでわかればOK
おおまかな荷物量とオプションサービス エアコンの脱着をしてほしい等

ちなみに連絡を入れて、その場で引越し料金はわかりません(大まかになら答えてくれる場合もあります)

 

ぱぱっと
1社1任はダメです。適正な料金であるか判断できないため、2社以上に見積もりをもらってください

 

 

 

一括見積もりで引越し業者を探す

一括見積もりでわかること

 

一括見積もりは、自動であなたの引越しを対応してくれる引越し業者を見つけ出してくれます。

 

私も引越しの度に利用していますが、引越し業者を探し回る手間がかからません。

 

つまり、時短できるうえに、引越し料金が安くできるので使わない手はありません。

 

一括見積もりの流れ

一括見積もりサイトで引越し条件を入力
あなたの引越しができる引越し業者がわかる
希望の引越し業者に訪問見積もり

 

引越しに限った話ではありませんが、そもそも業者同士を比べなければ妥当な判断はできません。

 

 

引越し業者によって数千円~数万円もの料金が違うのはザラです。

 

引越し業者を比較する手段としては一括見積もりが優秀です。

 

一括見積もりでわかること

 

かんたん入力で自動で引越し業者探しが完了するので、わたしたち利用者は、引越し業者を比べて決めるだけ。

 

一括見積もりの簡易図

特に引越し業界は、わたしたち利用者から見てもよくわからず、不透明な部分が多いです。

 

サカイ引越センターの見積もり

5社以上見積もりして9万円が5万4千円値引きできた私の見積書

ただでさえ大きな出費である引越し費用をわざわざ余分に払う必要などありません。

 

90,000円の引越し料金が54,000円OFF!

無料で最安の業者を探す

かんたん45秒であなたにぴったりが見つかる!

 

ぱぱっと
引越し業者選びで時間をかけずに、無料でかんたんに利用できるので使わない手はありません。

 

詳しく見る
ぱぱっとクラブの人気記事タイトル
【引越し料金を最安値にするのは当たり前でしょ?】一括見積もりサービスを超かんたん解説

続きを見る

 

引越し準備は計画的に

私は、過去6回の引越しで「自力」と「引越し業者」の力を借りて行いましたが、もう自力で行うことはしないでしょう。

 

なぜなら、お金をほとんどかけないかわりに「労力と精神的な疲れ」が翌日以降にも続きます。

 

引越しは済ませて終わりではなく、各種届出の手続き、新居の住環境を整えていかなければなりません。

 

よって、引越しを終えても継続的にパワーを必要とします。

 

自力ではなく引越し業者へ依頼することが最善であるというのが私の持論です。

 

引越し費用もやり方さえ誤らなければ、想像しているよりずっと安くすることができます(繁忙期でなければ)

 

私が安くできた実例はコチラ

詳しく見る
サカイ引越センターのタイトル
【実証】サカイ引越センターの口コミ・評判はあてにならないワケ(見積書あり)

続きを見る

 

引越しまで時間に余裕がない場合でも、順を追って進めることができたなら必ず終わります。

 

着実に1つずつ終わらせましょう。

 

ぱぱっと
引越しする上で一助になれば幸いです

 

 

詳しく見る
引越し料金を安くする記事タイトル
「引越し料金を安くしたい!」惑わされずに底値を叩き出す3つの方法

続きを見る

 

 

Copyright© 引越し業者の比較ブログーぱぱっとクラブー , 2019 All Rights Reserved.