「引越し料金を安くしたい!」惑わされずに底値を叩き出す3つの方法

引越し料金を安くする記事タイトル

https://www.tenkyo-smart.com

引越し料金を安くしたい!でも、ほんとに安くできるの?やり方は?

 

と気になる方にとってはこの記事は有益かと思います。

 

なぜ有益かというと私自身、転勤族で過去に何度も引越しをしていますがしっかり安くできています。

 

サカイ引越センターで90,000円の引越し料金から54000円ほど値下げできました。

 

詳しく見る
サカイ引越センターのタイトル
【実証】サカイ引越センターの口コミ・評判はあてにならないワケ(見積書あり)

続きを見る

サカイ引越センターの見積もり

9万円の引っ越し料金を5万4千円安くできた見積書

 

 

引越しに関してズブの素人だった私でも引越し料金を半額以下にできた具体的なやり方をお伝えします。

 

ぱぱっと
損をせずに安く引越しをしたい方は、じっくり読み進めてください。

 

そもそもなぜ引越し料金は安くならないの?

引越し料金を安くしないのはなぜ?

最初から安い引越し料金をなぜ提示してくれないの?と思う人は少なくないと思います。

 

よく耳にする「足元を見られる」というやつですね。

 

なぜ、引越し業者はわざわざ高い引越し料金を提示してくれないかシンプルにお伝えすると「少しでも儲けたいから」

 

これに尽きます。儲けなしでは会社は運営できませんし、潰れてしまいます。

 

とは言っても、結果安くなるならハナから引越し料金を安くしてよ。。というのが我々利用者の本音ですよね。

 

ぱぱっと
引越し料金を安くする全施策をシンプルに解説していきます。

 

引越し料金を安くするため方法

引越し料金を安くするために本気にさせる

では本題です。

 

引越し料金を安くさせるためには、引越し業者を本気にさせるが最も効果的です。

 

本気にさせるというのは、「引越し料金の底値(最も安い料金)を提示してもらう」という意味。

 

そこで重要なことは、相見積もりです。引越し料金の最安値を叩き出すうえで必用不可欠です。

 

 

相見積もりとは?

2社以上の引越し業者に見積もりをもらって安い料金を引き出すこと

 

一括見積もりの簡易図

 

つまり、ライバル業者にお客を取られるくらいなら安くしようという引越し業者の心理をうまく利用するのです。

 

 

ぱぱっと
相見積もりを効率よく活用し、最安値を引き出す具体的な方法を紹介します。

 

引越し料金を安くする具体的なやり方

相見積もりの具体的な方法

  • 自力で引越し業者を探して料金などを比べる
  • 一括見積もりサービスを利用する
  • 一括見積もり後に自分で引越し業者に直接交渉
ぱぱっと
引越し料金をとことん安くするなら「一括見積もり後に引越し業者に直接交渉」が最適。詳しく解説していきます。

 

自力で引越し業者を探して料金などを比べて安くする

10年以上前から行われている最もアナログなやり方です。

 

あなたの引越し希望日に対応してくれる引越し業者を「探す→見つける→見積もり」の3ステップ。

 

引越し業者を探すところから行わなくてはならないため正直面倒ではありますが、適正な引越し料金がわかります。

 

ポイント

2社以上の引越し業者に見積もりをもらわないことには、相見積もりにならないので(比べられない)のでご注意を。

 

一括見積もりサービスを利用して安くする

一括見積もりでわかること

前項でご紹介した「相見積もり」と本質は同じですが、「一括見積もり」は引越し業者探しに時間がかかりません。

 

スマホやPCからあなたの引越し先や荷物などの情報を入力するだけで、自動で対応できる引越し業者を見つけ出してくれます(無料で利用できます)

 

 

ぱぱっと
一括見積もりサイトは複数ありますが、以下3サイトからあなたの引っ越しに合わせて利用します。

 

LIFULL引越し見積もり

LIFULL引越しでは全国130社以上の引越し業者が提携しています。

 

他社にはない強みは、LIFULLだけで提携している「単身引越しに強い(安い)」引越し業者がいることです。

 

単身の引越しで引越し料金を安くしたい!とお考えなら迷わず、LIFULL引越しで見積もりをおすすめします。

 

\かんたん45秒!単身引越しなら特におすすめ!/

 

引越し侍

利用実績(引越し侍)

CMなどでお馴染みの引越し侍なら引越し業者数最多の引越し業者と提携しています。

 

 

もっと詳しく

詳しく見る
引越し侍のタイトル
【引越し侍の正体は?】騙された!と勘違いするまえに理解しておきたい3つのポイント

続きを見る

 

ぱぱっと
より多くの引越し業者で引越し料金をみてもらうなら引越し侍です。

 

SUUMOの引越し見積もり

SUUMO引越し見積もり

わずらわしい営業電話が嫌ならSUUMOの引越し見積もりです。

 

電話番号不要でメールアドレスのみで登録できるのでわずらわしい電話を好まない方には特におすすめです。

 

\営業電話なし!しっかり比べて選ぶなら/

 

もっと詳しく

詳しく見る
SUUMO引越し見積もりのアイキャッチ
【SUUMOの引越し見積もりって?】5万4千円安くできた私がやさしく解説

続きを見る

 

ぱぱっと
いづれのサービスでも無料で利用できるので、納得して引越し料金を安くしたい方におすすめします。

 

一括見積もり後に直接交渉して最安値

握手

引越し料金の底値を叩き出すうえで最も効果的な方法がこちら。

 

あなたの引越しを対応できる引越し業者(2社以上)に直接交渉します

 

一括見積もり後、対応できる引越し業者と引越し料金が大体いくらなのかがわかる状態になっています。

 

あとはあなたの目標金額に近づけていけるよう交渉を重ねます(納得するまで)

 

交渉する人
「一括見積もりで6万円だったのですが、5万円に近づけることはA社では可能でしょうか?」
「5万円は対応致しかねますが、5万6千円ならなんとか対応させてもらいます」
引越し業者A

 

交渉する人
「A引越センターで5万6千円でしたが、5万円に近づけることはB社では可能でしょうか?可能であれば即決させていただきたいと考えています」
「5万円ですか・・・難しいですが、5万2千円ならなんとか頑張りますよ!いかがですか?
引越し業者B

 

はっきり言って手間はかかります。交渉を好まない人にとっては一括見積もりだけでも十分相場より安くできます。

 

とはいえ、私は目標の引越し料金でなるべくお金を浮かせたいので必ず行います。

 

ポイント

・あえてふっかけた金額を提示して対応できるか聞く

・具体的にどこの引越し業者がいくらで見積もり金額を出してくれたかを伝えて交渉する

・「もし可能であれば〇〇引越センターで引越しをお願いしたいと思っています」と前向きに検討している気持ちもはっきり伝える

 

引越し料金を安くしないなんてもったいない

PCで引越し準備

残念ながら90%以上の引越し業者は料金が見えず、いくら調べてもあなたの引越し料金はわかりません。

 

消費者庁が管轄する「国民生活センター」が、下記の注意をしています。

5.消費者へのアドバイス
(1)見積りは複数の事業者に依頼し、価格だけでなくサービス内容も十分に検討すること
引用:国民生活センター

 

「これが適正の料金です。他社より安いですよ!」と引越し業者に言われたところで他社より安い根拠や証拠などありません。

 

引越し業者選びはしっかり比べて十分検討すべきです。そうしないと100%損します。

 

引越し業者の言い値は良くない値の図

 

まあ高くてもしょうがないかーと妥協してわざわざ高い引越し料金を払うのか。

それとも、引越し料金を限りなく安くして浮いたお金を別の用途に充てるのか。

 

ぱぱっと
私なら断然後者です。

 

引越しを安くするまとめ

  • 2社以上の引越し業者を探して見積もりをとりましょう
  • 無料でかんたんに引越し業者を見つけて比べるなら一括見積もり
  • 引越し料金の最安にするなら一括見積もり後に直接交渉

 

引越し料金は不透明な部分が多く、引越し業者によっては数千円~数万円もの料金の開きがあるほどです

 

安くできる引越し費用を、わざわざ余分に払う必要などありません。

 

サカイ引越センターの見積もり

90,000円の引越し料金が54,819円安くなった私の見積書

 

\90,000円が54,000円安くなる/

\電話がかかってこない引越し見積もりサイトなら/

 

ぱぱっと
引越し業者選びの一助になればうれしく思います。

 

 

私が利用した引越し業者

詳しく見る
サカイ引越センターのタイトル
【実証】サカイ引越センターの口コミ・評判はあてにならないワケ(見積書あり)

続きを見る

詳しく見る
引越一番のタイトル
【口コミはホント?】愛知の引越一番のレビュー

続きを見る

Copyright© 引越し業者の比較ブログーぱぱっとクラブー , 2019 All Rights Reserved.